スポーツ・トレーニングも身の丈が一番

4084b715fa4bea15d4bcdb80bbefaf31_s

健康のためにと思って行う過剰な運動は逆に弊害をもたらすことがあります。つまり過剰な運動=健康は大いなる幻想であることを理解して頂きたいです。

カラダを鍛える=カラダが強くなるという幻想が存在します。競技であれば常にトップクラスであり続けられると思うことです。ある意味カラダを鍛えるという行為は、カラダを改造するということです。

車も改造すれば、他の部分に必ず歪みが現れます。人と車を同じ目線で見てはいけないが、人も過剰なトレーニングで肉体改造を行えば、見えない部分に負担が掛かり時に病として牙を向けます。

例えるのならスポーツ心臓があげられます。スポーツ心臓とは心臓肥大が起きて、たくさんの血液を送り出すようになりますが、血液量が増えればその分酸素も必要になります。となれば当然肺機能も向上しなければならないようになります。本来は軽自動車のボディボなのに、いつの間にか普通自動車の排気量を搭載してしまうことになります。無理していることが想像つくはずです。

やはりスポーツ・トレーニングも身の丈のものが自身のカラダに本当の意味での健康を授けてくれるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ