腱板断裂(肩)

腱板断裂とは、腱板筋の一部である特に棘上筋(肩甲骨の上に位置)に多く見られる筋断裂のことを言います。40代の男性に多く見られるのも特徴の一つですが、その発症要因は定かではありません。

棘上筋の肩に近い部分は、薄く膜状の組織になっており、その上を棘下筋(肩甲骨の下に位置)が覆うような形状になっています。さらに棘上筋と棘下筋の間を、烏口上腕靭帯(うこうじょうわんじんたい)が挟み込むような構造をしている為、障害が起きると考えられます。この部分は、組織修復反応が遅いCritical Zoneと呼ばれています。

つまり一度発症すると、長期化するので日頃からの予防が、最も大切な部分でもあります。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ