捻挫がパフォーマンスを低下させる

一度は捻挫をしたことがあると思いますが、捻挫についてどのようなイメージを持っていますか?

「単なる捻挫と思って病院に行ったら靭帯損傷と言われた」と顔面蒼白で嘆く人がいますが、多くの人は捻挫について大きな勘違いをしています。

実は「捻挫=靭帯損傷」です。したがって捻挫を十分に治療しないと、捻挫を繰り返すなどの悪循環を引き起こしてしまいます。したがって捻挫は、十分な治療が必要であり、テーピングを施しての早期復帰は二次障害を誘発する危険性もあります。

また、捻挫には外反捻挫と内反捻挫があり、それぞれ損傷する靭帯が異なることも理解してください。

捻挫は身近な怪我であるゆえに軽視されがちですが、十分な治療をしないとその後の競技パフォーマンスに、大きな影響を及ぼすことになります。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ