腰痛症

腰痛があるのに、「骨・筋肉・内臓に異常がない」と診断された方も多いはずです。そのような症状を腰痛症と言います。

腰痛症の原因として、悪い姿勢などによる腰の疲労、肥満、運動不足、加齢などがあげられます。

そして腰痛症の中でも特に心配なのが、強いストレスやうつ傾向による心因性腰痛です。痛みに対する不安から日常生活に支障きたすことが多いからです。

腰痛症は、運動・食事生活を含めた日常生活の改善が最も大切です。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ