フレイル健康

「人生100年時代」と言われますが、必ずしも喜んでばかりはいられないようです。「老後必要な費用が2000万円」「75歳以上の3人に1人が認知症」など、生活・健康面において国民の不安が募るばかりです。

それを察してか否かは分かりませんが、来年度より国は75歳以上を対象に「フレイル健診」を実施することになりました。

フレイルとは、健康な人にくらべ心身は弱っているが、介護までの必要はない状態です。フレイル健診は、このフレイルの状態を把握し要介護にならないようにするのが目的です。

本年度は「フレイル」という用語に注目してください。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ