認知症予防に教養(きょうよう)と教育(きょういく)?

2025年、日本は3人に1人が65歳以上になるという、超高齢者社会に突入します。同時に認知症患者が急増するとも言われています。

認知症は、今日の明日、急に発症するのではなく、徐々に進行して行きます。そのため早期の予防取組が必要であり、早すぎることはありません。

そしてその予防方法として「教養・教育」が必要とのことです。さらにこの「教養・教育」は私たちが想像している「教養・教育」ではなく、「きょうよう・きょういく」です。漢字で書くと「今日用と今日行く」です。

つまり「今日用があり、その用を解決するために行く」ことです。どうも認知症予防に、難しい予防方法は必要ないようです。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ