薬のトラブル

現代は、ドラッグストアーなどで簡単に薬か手に入る時代です。したがって様々な薬に関してのトラブルが多発しています。

特に問題なのが、薬の副作用に関することです。薬には必ず、ふらつき・肝臓機能障害・出血傾向の向上など様々な副作用があります。

そして薬が6種類以上になるとこのような副作用を起こすリスクが10%高くなると言われています。したがって薬の服用については「かかりつけ薬剤師」に相談することが大切です。

[健康]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ