エンドウマメの法則

357a5ea0f9135234ecdaa2cde08af043_s

心理学において「好意の変報性」という法則があります。人は自分のことを好きでいてくれたり、好意を持って接してくれたりする相手のことを好きになる傾向が強いという内容です。相手に対して共感の気持ちで対応すれば、相手も基本的には自分の考え方に共感することが多いということです。また逆の内容である「嫌悪の報復性」という法則もあります。この両者を上手くコントロールすることができれば、人間関係という聖域を壊さすに立ち回ることは可能です。
 
その上手な立ち回りのキーワードが「エンドウマメ」になります。
・「エン」=出逢いや人との縁を大切にする。
・「ドウ」=「道」=その道のプロと親しくなっておく
・「マメ」=行動力=筆マメ、足マメ
 
特に第三のマメ「行動」=筆マメ、足マメ、聞きマメが重要になります。現代はメール等で対応して人と直接会って対話をする機会が少なくなりました。だからこそ時間を費やして直接会うことが、相手の懐に入ることが出来ます。
 
人間関係の苦手な方もこの「エンドウマメの法則」を大切にしておけば、事故の少ない人間距離を保つことも出来ますので、1日1回「エンドウマメ」と心の中で呟いて下さい。

[日記]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ