「2018年6月」の記事一覧

疲れている時の食事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスなどの緊張時には、身体の消化機能は低下しています。したがってストレスなどの緊張時には、消化の良い食材の選び方と調理方法が重要になります。

むくみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きると顔が浮腫んでいることは誰もが経験があると思いますが、浮腫みはなぜ起きるのでしょうか?単純に水分の取りすぎだけが減員ではありません。そこには血管が圧迫されて生じるうっ血が大きな原因になっています。そのメカニズムは、筋肉が硬くなると近くを通る血管が圧迫されます。それによって末梢の血液循環が低下するのがうっ血です。

情報を得るには労力が掛かる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴底を減らして来る記者には、何か一つぐらい情報を提供するのが政治の世界らしい。確かに、電話で情報を聞き出したり、公式の記者会見だけで情報を聞き出そうとする記者より、労力を惜しまず足を運ぶ記者に情報わ提供するのは人情というものです。現在はネットで多数の情報が収集可能ですが、本当に役立つ情報はネット、新聞などのメディアでは収集はできません。不動産情報も本当に良い物件は表に出さなくとも人脈の中で即契約が成立するらしいです。

50歳という境年齢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50歳という年齢は始めて自分に老いを感じる年齢だと思う。だから老化の予防やアンチェイジングに対する関心が非常に高いものがあります。加齢対策として意識して健康に良いもの食材を摂るなど、「食事」に関して重視していることが講座参加者との会話の中でわかります。やはり近年のマスコミで「カラダにいい食材」等を取り上げることが影響しているのでしょう。

やらないよりマシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トレーニングを行ううえで手助けになるのが、「やらないよりマシ」という考え方です。実際に試してみると思いがけないほど効果がでることがあります。誰しも調子が上がらない時や気分が乗らない時もあるはずですが、このような時ただダラダラと時間を費やすより、ほんのわずかな時間でも「やらないよりマシ」と思って行動に移すことが重要です。

エンドウマメの法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理学において「好意の変報性」という法則があります。人は自分のことを好きでいてくれたり、好意を持って接してくれたりする相手のことを好きになる傾向が強いという内容です。相手に対して共感の気持ちで対応すれば、相手も基本的には自分の考え方に共感することが多いということです。

医学は進歩したのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医学の進歩により人生100年と言われる時代になりましたが、本当に医学は進歩したのだろうか?病院は相変わらず混んでいるし、明らかに病人は増えている気がします。医学の進歩が病人を減らすどころか増やしたような気にもなります。

ストレスという言葉に惑わされない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康にいいものとして「ストレス発散」「ストレス解消」があげられますが、果たしてそれは正しいのだろうか?病気には必ず原因があると考えてしまうので、医師が明確な診断をくださないと余計な思考を働かせてしまうが、これもストレスの要因にもなってしまう。

スコトーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スコトーマ」とは、心理学の中で用いられる言葉で、心理的な死角のことを意味して、自分にとって重要でないと思った事を認識から外してしまうことです。具体的には見えているのに気づかない、聞いているのに気づかないという現象です。さらに具体的に現すのならば、オン・オフをはっきり区別することです。「仕事とプライベートははっきり分けています」「仕事は家庭には持ち込まない」と明言する人が当てはまると思います。

スポーツ・トレーニングも身の丈が一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康のためにと思って行う過剰な運動は逆に弊害をもたらすことがあります。つまり過剰な運動=健康は大いなる幻想であることを理解して頂きたいです。カラダを鍛える=カラダが強くなるという幻想が存在します。競技であれば常にトップクラスであり続けられると思うことです。ある意味カラダを鍛えるという行為は、カラダを改造するということです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ