「2018年7月」の記事一覧

発想力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今は海離れが進み、人はプールへと流れていますが、単に「日焼けがいやだ」「海はベトベトするから嫌」だけが理由で海離れが進んでいるのではなく、プールに魅力を感じているようです。プールは発想力豊かな付加価値を付けて非日常を楽しむことができるようになっています。

IR整備法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日IR整備法が成立しましたが、野党の国会議員が目くじらをたてて反対することが、多少旅行業に携わる人間としては理解できません。おそらくギャンブル依存症などの弊害を懸念してのことだと思いますが、公益ギャンブルが認められている日本では、すでにギャンブル依存症は存在していますし、与党も依存症対策へ最大限取り組むはずです。

血圧に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしてもこの時期は、熱中症に注意の目がいきますが、血圧にも注意を払ってもらいたいです。血圧とは、心臓の収縮によって押し出された血流が末梢の血管を押し上げる圧力です。

睡眠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「動物はなぜ寝るのか?」「人は健康のために6~8時間の睡眠時間の確保が必要?」その解明は難題中の難題である。ごく一般的には、脳やカラダの疲労回復をはかり、全身の生体リズムを調整してくれるので、生物としての自己の生命保持の必要上、人は睡眠を要求するのだと説明される。 

薬の服用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「肩と足が痛く、鎮痛剤を飲んだのですが口から遠い足には鎮痛剤の効果が出にくいみたい」冗談でもなく、中高年男性が言った言葉です。薬は服用すると、胃から腸、さらに肝臓へ運ばれ、血液によってカラダの各臓器まで運ばれます。そして、薬としての効果を現した後、再び肝臓へ運ばれて文化遺産され、多くは尿によって排泄されます。

ストレス社会と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、日本では過労死が問題視され、その現象の一つにグローバル化社会によるストレスの増大とされていますが、最強のグローバル化社会であるアメリカには過労死とい現象がほとんどないらしい。また国民性の違いもあるが、日本人はストレスを蓄積しやすく、その解消方法も知らないと言われています。日本では、高校卒業後、大学に進学して上場企業に入社し定年まで働くことがベストな生き方であり、勝ち組と称されてきました。

認知症は予防可能では

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「認知症だけにはなりたくない」との声を多く耳にします。さらに認知症は、予防が難しいとの意見も同時に聞きますが、果たして本当に認知症は予防が不可能なのかと思うことがあります。確かに現代の医学でも認知症の発症要因は解明されていませんので、当然その予防方法も解明されていません。

変化した日本球界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

球界では新球団設立が話題になっていますが、是非設立していただき、強いては16球団構想まても実現して貰いたいと願っています。

なぜ膝のお皿は動くのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝のお皿は膝盖骨(しつがいこつ)と言いますが、この膝盖骨は太ももの筋肉の腱に埋め込まれています。また膝盖骨は種子骨の一種であり、種子骨とは骨というより、筋肉の補助装置として考えて下さい。

カラダを引き締めることは簡単

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラダを引き締めることは何も難しいことではありません。勿論、過度の食事制限は不要です。常識ある行動の中で行うカラダ作りこそが、理想な方法であると思います。人間には何百という筋肉が存在して、それぞれには役割があります、その役割を逸脱した時、何らかの障害が生じます。例えば、腹直筋は体幹の屈曲・伸展時に作用しますが、捻る動作時にはほとんど作用しません。作用するのは腹斜筋という筋肉であります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ