「2019年1月」の記事一覧

なぜ今の時期にそれを食べる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒さ予防として食事があります。やはりカラダを冷す効果がある夏野菜は控えた方がいいです。私も温野菜と夏野菜の区別がつかない人間ですが、簡単な区別方法として価格でわかります。

男性に多い筋損傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肉離れの筋損傷は、明らかに男性の発症率が高いです。その理由については、女性の要素を決める物質であるエストロゲンが関係していると言われています。

見逃してはいけない股関節痛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

股関節の違和感で悩んである方は多いですが、その股関節痛は大きく分けて2種類あります。一つは、外部からの衝撃によって突発性に起こる外傷と、特定の動作の繰り返しで患部への負担が蓄積して、痛みを生じさせる慢性的な障害とに区別されます。

防寒対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

防寒対策は、寒さの度合いによって異なります。人間のカラダは、ある程度環境に対応できます。初冬などはまだ寒さに対応ができていないので、余計に寒さを感じます。逆に一年で最も寒い今の時期は、寒さにも慣れるので、「寒い。寒い。」と言いながらでも、行動は活動的にもなります。

ウォーミングアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な寒さがついにやって来ました。このような寒い季節になると、カラダが硬くなったり動きが鈍くなったりする感覚があると思います。しかし実は冷気によって体表温度は下がっていますが、体内温度はそれほど下がっていません。

五臓の嘆き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人には数多くの臓器が存在しています。その中でも、肺、心臓、肝臓、腎臓、すい臓を五臓といい、その位置付けはエース、4番打者そのものです。

日本人と欧米人とでは異なる胃の形

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ストレスで胃が痛い」と訴える人は少なくありません。また昨今では、「逆流性食道炎」が急増するなど日本人は、少々胃が弱いイメージがあります。 大正や昭和初期ならば、衛生状態が悪くピロリ箘が蔓延しているからと説明はつきますが、現代人には当てはまりません。ではなぜ日本人は、欧米人に比べ胃が弱いのでしょうか? その現代と考えられているのが、胃の形状にあるようです。一般的に欧米人に多いとされているのが、胃を牛の頭、食道を角と見立てる「牛角胃」と言われ、胃の内容物が速やかに送られる形状になっています。 これに対して日本人に多い胃の形状は、胃の下部が垂れ下がった「釣状胃」です。この「釣状胃」では、食べ物が胃に溜まりやすく、胃に過度な負担を与えてしまいます。 やはりただでさえ負担の多い胃の形なので、日頃のメンテナンスは欠かせないようです。

男女の柔軟性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女のカラダの違いは数多くありますが、その形状の違いにより動作にも違いが現れます。

理想のカラダづくりには筋肉の動きを理解すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「痩せない」「筋肉がつかない」など、なかなか理想のカラダに近づけない方は、各々の筋肉の動きを理解していないことが、原因の一つかもしれません。

関節軟骨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「関節が痛い」「関節が硬い」など人は「関節」という言葉を多用しますが、そもそも関節とは何でしょうか? 関節とは骨と骨の接合部と理解しても構わないですが、骨と骨が直接、接合しているのではなく骨を覆っている軟骨部分が互いに接し、「関節」を形成しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ